(スポンサードリンク)

たんぱく質たっぷりの食事をとる

たんぱく質は分解されにくいため、消化される際に胃が激しく運動し、熱を発生します。さらに、たんぱく質が分解されたアミノ酸が、肝臓で排泄できる形に分解される際、そのエネルギーが熱となり、体が温まるのです。

たんぱく質の摂取の目安は、食事の総カロリーの約40%。肉や魚などの動物性たんぱく質や豆腐、納豆などの大豆食品、卵、かまぼこなどの加工食品などをバランスよく毎日のメニューに取り入れてください。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ