(スポンサードリンク)

食材の力を活かす

食材では、しょうが、からし、ねぎ、こしょう、にんにく、かぶ、かぼちや、さば、ふぐ、羊肉、鶏肉、ぶどう、みかん、くるみなどが体を温める食材としてよく知られています。もちろんたくさん食べればいいというものではありません。食べすぎると余分な熱をこもらせることにもなりますから、口内炎や皮膚の湿疹を起こしやすくなります。こうした症状が日頃から出やすい人や、冷えに加えてほてりがちの人などは、控えたほうがいいでしょう。何にでも限度が必要です。

単に熱を増やすだけでなく、冷え症の原因となるいろいろな体のひずみを、冷え症のタイプに応じて解消するための食材の作用も知っておくと有利です。余分な水を取ったり、血を増やしたり、気をめぐらせたり、食材にはさまざまな作用があります。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ