おしゃれのために冬でも薄手のスカートなどをはいていると、温めるべき下半身は冷える一方。冷えを子宮に入れないために、衣服でしっかり防御したいもの。

まずは、子宮や卵巣と関係するツボがある内ももを下着でしっかりガードしましょう。

パンツのときはひざ丈の下着かタイツをはき、スカートの場合はもう一枚ペチコートを重ねます。

人気のスパッツやレギンスを利用してもいいでしょう。

首も、太い血管があるため熱が奪われやすく、知らないうちに冷えが入り込みやすいところ。七分そでの下着やタートルネック、スカーフできちんと保温しましょう。








このページの先頭へ