(スポンサードリンク)

冷えないおしゃれに工夫をこらす

冷えることは、奈落の底に落ちる第一歩です。すべての代謝が衰えて、冷えは文字どおり生活、つまり生きて活動するのを阻害します。まず、外部からの冷えを防ぐためにはどのような服装をすればよいでしょうか?

冷え症の人が第一に気をつけなければならないことは、季節を問わず足を冷やさないことです。

足を冷やさないもっとも一般的な方法は、靴下を重ねて履くことです。重ね履きするときには絹の靴下と木綿の靴下を用意します。まず、汗の吸収もよく、乾きもはやい絹の五本指の靴下を履きます。五本指靴下は、指のあいだに絹がフィットして、少しも汗を残しません。その上から木綿の五木指もしくは指なし靴下を履きます。さらに絹の指なし靴下、木綿の靴下と、最低四枚は重ねます。枚数は体調に応じて増やしてください。ただ、破れやすい絹の靴下が一番上にならないようにしましょう。

冬はもちろん夏も冷房で増えますから、この重ね履きは、年中つづけたほうがよいでしょう。運動するときなどは、適宜枚数を減らすなどしてください。

真冬には、足の裏に貼るミニカイロを靴下の上から貼っていると、かなり冷えがちがいます。足の裏は全身の経絡のツボが集まっているところです。ツボを温めることで、全身の経絡が温まってくるわけです。足さえ温めておけば、全身が温かくなるのも道理です。

真冬でも温かい室内では上半身は下着と上着のみ、それで寒く感じる場合には、かならずスカーフまたはマフラーを巻きつけます。寒いからとうっかり上着を二枚着ると、のぼせてしまいます。

外を歩くときは、熱くて汗をかきますし、室内は暖房がきいてますから、大きなオーバー
は邪魔になります。念のため軽いコート、毛糸のカーディガン、スペアーの大判スカーフ、
レッグウオーマーを持ち歩いて、寒いときに靴の上から履くと完璧です。下半身はできれば
絹の下着、靴下重ね履き、スパッツ、パンツまたはセミロングスカ
ート、きわめつけは足裏のミニカイロに小型ブーツです。

また、電車などでも冷房が利きすぎていることが多いため、カイロを腰、腹部に貼りつけると、かなり感覚がちがいます。最近の不順な気候、冷房のききすぎなど変化が激しい温度環境には、脱いだり着たりが便利な重ね着スタイルがよいように思います。当然、服装は血液のめぐりをとどこおらせないゆったりした体を締めつけない物がよいでしょう。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ