(スポンサードリンク)

ぬるめのお湯にゆっくりつかる

お風呂に入って体を温めるときは、熱いお湯よりもぬるめのお湯のほうがおすすめです。熱いお湯につかると、血管が収縮して体がストレスを感じ、AVAが閉じてしまうからです。

また、脱衣所が寒いと、服を脱いだときの温度差で血圧が上昇し、脳卒中の危険が生まれることもあります。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ