体をはやく温めるには運動は必須


生活習慣からくる冷えをもつ人は、おそらく運動ができていないと思います。体をはやく温めるには、運動は必須です。「運動選手の血液粘度はふつうの人より低く、つまりさらさらしているが、怪我をして運動を体むと、ふつうの人と同じ粘度になる」と報告しています。 言い換えれば、運動をつづければ血液がサラサラになり、血流がはやくなり、体温が上がり、あっという間に温まるということです。運動を全然していなかった人が急にはじめるのも危険ですから、このような冷えをよびこむ生活習慣をもっている人は、まず無難な歩行運動からは・・・

冷える生活習慣に要注意


冷える生活習慣といえば、先にものべたように、まず薄着です。自分では薄着をして鍛えているつもりになっている人がいます。冬は素足でとおしますという人もいます。 じつは、体を犠牲にしたうえで冷たさに慣れてしまってるわけです。足がいつも冷やされつづけていれば、足をとおる腎経が冷やされ、腰痛が起こり、それが牌に波及して胃腸障害を起こします。 薄着の習慣の結果が、数年経ってから出ることもあるわけで、一年間同じことをつづけていて支障はなくても、二年目または三年目に出ることがあることを忘れないことです。 更年期・・・

薄着でもできるこんな工夫


若いお嬢さんが寒い季節に、体にフィ。トしたスマートな服装で、妖精のように歩くのを見るのは、楽しいものです。しかし、ご本人の体には堪えるでしょう。でも、青春の一時期、花咲く乙女たちが少々体を犠牲にしておしゃれをするのも無理からぬことと思います。 しかしお嬢さんたちも、いかに温かくしてスマートに見せるかを考えてください。一案ですが、足底にミニカイロを入れ、ときには腰と下腹部の二ヵ所に、下着に貼るタイプのカイロをつけて、温かくて軽い上着の上から長めのスカーフを首に巻きつけておけば、少々薄着をしていても・・・

冷えないおしゃれに工夫をこらす


冷えることは、奈落の底に落ちる第一歩です。すべての代謝が衰えて、冷えは文字どおり生活、つまり生きて活動するのを阻害します。まず、外部からの冷えを防ぐためにはどのような服装をすればよいでしょうか? 冷え症の人が第一に気をつけなければならないことは、季節を問わず足を冷やさないことです。 足を冷やさないもっとも一般的な方法は、靴下を重ねて履くことです。重ね履きするときには絹の靴下と木綿の靴下を用意します。まず、汗の吸収もよく、乾きもはやい絹の五本指の靴下を履きます。五本指靴下は、指のあいだに絹がフィッ・・・



このページの先頭へ