締めつけない下着を着る


締めつけるタイプの下着を着用すると、静脈やリンパの流れを妨げてしまい、血行が悪くなります。 下着は締めつけないもののほうが体への負担が少なく、リラックスできるうえ、冷え解消にも効果的なのです。

かかとが低めの平靴と靴下で足元を温かく


足先を締めつけると、血行が悪くなりがちです。ハイヒールやブーツなどは、つま先を圧迫するため血行不良となり、下半身の血流が悪くなります。冷え対策には「かかとが低めの平靴十靴下」という組み合わせを。

ぬるめのお湯にゆっくりつかる


お風呂に入って体を温めるときは、熱いお湯よりもぬるめのお湯のほうがおすすめです。熱いお湯につかると、血管が収縮して体がストレスを感じ、AVAが閉じてしまうからです。 また、脱衣所が寒いと、服を脱いだときの温度差で血圧が上昇し、脳卒中の危険が生まれることもあります。

いつでもマフラー主義!!


【ポイント1】 外出するときは、室内でマフラーを巻いておく AVAは、温度差を感じるとすぐに閉じてしまうので、マフラーは、外に出る前に室内で巻<のがポイントです。えり元にしっかりと巻いて、すき間ができないように注意を。熱がもれるのを防げば、AVAはずっと開いた状態なので、手足もポカポカ。マフラーの巻き方は、下記コラムを参照<ださい。     【ポイント2】 寒さを感じたら家の中でもマフラーを巻く寒さを感じたら、部屋の中でもしっかりとマフラーを巻いて、首を温めましょう。ハイネッ・・・

就寝時は、肩口や首を冷やさないようにする


布団に入ったときに、掛け布団をしっかりとかけたつもりでも、肩□にすき間ができています。これではこのすき間から、冷たい空気が入ってしまい、AVAが閉じてしまいます。 就寝時に手足の冷えが気になる方は、首と肩が隠れるぐらいのベストを着たり、首にタオルを巻くのも効果的。肩口や首が冷えないようにするのが、ポイントです。



このページの先頭へ