冷えが進むと、卵子が成熟しづらくなったり、卵管を移動する力が弱くなったり、スムーズに排卵できなくなったりします。また妊娠が成立するためには、受精卵が着床しやすいように、子宮の内側は栄養たっぷりで弾力に富んでいる状態にしておくことが必要。

ところが、血行が悪くなるとこの準備が充分できなくなるので、受精しても着床しづらく、不妊の原因になります。おなかの温かい人が妊娠しやすいといわれるのも、このためです。




このページの先頭へ