関節痛(冷えがあると悪化しやすいもの)


PMS(冷えがあると悪化しやすいもの)


生理前に、イライラしたり、頭痛がしたりと、心身にさまざまな不調があらわれるPMSも、冷えで悪化しやすい症状。体が冷えて血液が滞ると、二酸化炭素や老廃物が回収できなくなり、疲労物質がたまります。いろいろな場所で細胞の機能が低下して、こりゃだるさ、痛みが引き起こされます。とくに頭痛や肩こりがひどくなりがちです。

膀胱炎(冷えがあると悪化しやすいもの)


もともと女性は男性より尿道が短く、膀胱炎になりやすいといえます。さらに、体が冷えて血液の循環が悪くなると、尿道や膀胱に新鮮な酸素や栄養が届かなくなって、ばい菌などをやっつける免疫の働きが低下。抵抗力が弱まってばい菌などに感染しやすくなるために、膀胱炎を発症してしまうのです。

子宮筋腫(冷えがあると悪化しやすいもの)


子宮に良性のにぶ」ができる子宮筋腫は、漢方的には、子宮の血行不良が長く続くとできやすいと考えられる病気です。そのため、血行が悪化した冷え症は、子宮筋腫を悪化させやすいのです。また、筋腫がある部分は血流が滞りがちなの気さらに筋腫が大きくなるという悪循環をも引き起こします。

子宮内膜症(冷えがあると悪化しやすいもの)


子宮の内側をおおっているはずの子宮内膜が、別の場所にも飛び火して、癒着を起こす子宮内膜症。生理のたびに癒着部分がひっぱられたり、癒着によって子宮の動きが制限され、経血がうまく押し出せなくなったりして、血行が悪化する傾向があります。そこに冷えが加わると、さらに血行が悪化してしまうため、症状が重くなるのです。



このページの先頭へ