冷たい飲み物・食べ物(子宮を冷やす・外からの原因)


冷たい飲み物や食べ物をとることは、口から冷えを直接体に取り込むようなもの。本来、体の中は37℃くらいを保っているのに対し、冷蔵庫で冷やした飲み物は5℃前後。胃には血管がたくさん集まっているので、体温より30℃も低いものが体内に入ると、大量の血液を冷やすことに。その冷気が子宮や卵巣にも伝わり、冷えきってしまうのです。

外とつながっている子宮の構造(子宮を冷やす・外からの原因)


多くの内臓は、直接外気に触れないようなつくりをじていますが、子宮は別。腔という出口を介して外部と直接つながっているので、冷気が入りやすいのです。そのためどうしても冷えの影響を受けやすいといえます。

座りっぱなしの姿勢(子宮を冷やす・外からの原因)


座る姿勢は、おなか→おしり一太ももの間にカープをつくるため、血行を滞らせる原因に。骨盤内がうっ血しやすくなりますが、ここには子宮、卵巣、膀胱、腸などが複雑に入り組んでいるため、血行が悪くなると冷え冷えになってしまうのです。とくに卵巣は、女性ホルモンを分泌する、とても敏感なところなので、冷えるとたちまち悪影響があらわれます。

ローライズパンツ、下着なしなどの薄着(子宮を冷やす・外からの原因)


根強い人気のローライズパンツ。はき込みが浅く、おなかが出やすいため、腰まわりが冷たい外気にさらされて、思った以上に下半身が冷えてしまいます。薄い素材のスカートも流行しています紙太ももやおしりについている脂肪は、いったん冷えると温まりにくいのが特徴。子宮や卵巣のすぐ近くで、冷たいぬれタオルを巻いているようなものなので、婦人科トラブルのもとに‥‥‥‥。



このページの先頭へ