食べ方として、温かいのもから食べはじめ、胃を温めよう


生野菜サラダなど、冷たいものがおかずに用意されている場合は、食べ方を工夫してみましょう。 最初にお茶や汁ものなど、温かいものを二口、三□胃に入れてから→サラダ→おかずというぐあいに、温かいものと温かいものの間に食べるようにすれば、胃の粘膜を冷えから守ることができます。

胃が冷えるとダイレクトに子宮に冷えが伝わります


漢方では、胃と子宮は関係が深い場所とされ、お互いつながっていると考えられています。実際に胃がんは子宮に転移しやすいというデータもあるのだそう。そのため、胃に何を人れるかによって、子宮の冷えにダイレクトに影響してくるのです。 胃壁には、じつにたくさんの血管があります。ここに冷たいものか入ると、胃がキユッと縮んで血行が悪化。それによって胃か冷えてしまい、この冷えが子宮にも伝わってしまうのです。 反対に、温かいものを食べると、その熱を子宮に届けることも可能。胃を温める食べ物、食べ方を上手に取り入れて、・・・



このページの先頭へ