(スポンサードリンク)

女性の構造自体が冷えやすい傾向にある

女性は男性に比べて、体の構造自体が冷えやすい傾向にあります。筋肉ほが少なく、熱をつくり出す力が弱いこと、さらに女性に多い「脂肪」は、一度冷えるとなかなか温まりにくいという性質があるためです。そのうえ、体の熱は温かい血液が全身をめぐることで保たれていますが、女性は生理のたびに、体じゅうを流れる血液のほが.時的に減少します。そのため、酸素や栄養を含んだ温かい血液か行き渡らなくなって、どうしても冷えやすくなるのです。

この冷えのダメージか、いちばんあらわれやすいのが子宮です。子宮は、妊娠・出産に備えて多量の血液を必要としています。そのぶん、血のめぐりが滞ると、たちまちに冷え冷えの状態に。

しかも、服装や食事といった何げない生活習慣の中にも、体を冷やす原因がいっぱい。下に挙げたことを続けていると、子宮の冷えはどんどん進んでしまうので、放っておくわけにはいかないのです。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ