「女性の体は冷えやすく子宮のまわりに影響がでやすい」の記事一覧

関節痛(冷えがあると悪化しやすいもの)

PMS(冷えがあると悪化しやすいもの)

生理前に、イライラしたり、頭痛がしたりと、心身にさまざまな不調があらわれるPMSも、冷えで悪化しやすい症状。体・・・

膀胱炎(冷えがあると悪化しやすいもの)

もともと女性は男性より尿道が短く、膀胱炎になりやすいといえます。さらに、体が冷えて血液の循環が悪くなると、尿道・・・

子宮筋腫(冷えがあると悪化しやすいもの)

子宮に良性のにぶ」ができる子宮筋腫は、漢方的には、子宮の血行不良が長く続くとできやすいと考えられる病気です。そ・・・

子宮内膜症(冷えがあると悪化しやすいもの)

子宮の内側をおおっているはずの子宮内膜が、別の場所にも飛び火して、癒着を起こす子宮内膜症。生理のたびに癒着部分・・・

【冷えの第4段階】ホルモンバランスのくずれ(冷えのあらわれ方)

男性は来光を温めると精子がつくれなくなりますが、反対に女性は冷やすと卵巣機能が弱くなるのが特徴。卵巣は女性ホル・・・

【冷えの第3段階】不妊(冷えのあらわれ方)

冷えが進むと、卵子が成熟しづらくなったり、卵管を移動する力が弱くなったり、スムーズに排卵できなくなったりします・・・

【冷えの第2段階】生理不順(冷えのあらわれ方)

冷えで血液が行き渡らなくなると、卵巣の働きが低下します。すると、ホルモンを分泌して生理のリズムを整えるという本・・・

【冷えの第1段階】生理痛(冷えのあらわれ方)

子宮が冷えると、まず初めにあらわれるのが生理痛。冷えで骨盤内の血行が悪化してうっ血が起こり、生理のときの経血も・・・

女性の構造自体が冷えやすい傾向にある

女性は男性に比べて、体の構造自体が冷えやすい傾向にあります。筋肉ほが少なく、熱をつくり出す力が弱いこと、さらに・・・



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ