(スポンサードリンク)

生姜とシロップを紅茶に入れてしょうが湯にして飲む

冷え性を改善するために,日常的に取り組んでいることはとにかく温めることです。

とりわけ,足首,手首,首元など,「首」が付く部分は温めます。外出時は必ずマフラーを巻いて,首元を冷やさないようにします。

また,在宅での仕事の際は,ひざ掛けをかけ,足首にはレッグウォーマーをつけて作業をしています。

そうすると,足元から冷えることを防げます。就寝時には湯たんぽを使用し,寝ている間の冷えを防ぎます。

冷えを防ぐために,食事にも気を遣います。

冬になると,料理にしょうがやネギを多く取り入れます。

長ねぎとしょうがを刻み,中華スープの素で味付けしたシンプルなスープを作ることもあれば,長ねぎをたっぷり入れた鳥鍋を作ることもあります。

しょうがは市販のしょうがシロップを紅茶に入れたり,そのままお湯に溶かしてしょうが湯にして飲みます。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ