(スポンサードリンク)

東洋医学的な視点では冷えの自覚が未病の発見に重要

病気の原因はカラダの冷えからくる、体を温めれば病気の予防になるという健康法が話題になっています。

実際、東洋医学でも中国の古典的な漢方医学では、「冷え」について非常に重要視し、冷えの原因を取り体を温めることが、多くの病気、特に体力がない方への治療の根本になっています。漢方の専門家によると、最近は体力が弱い患者さんが多く、そうした方々に合った温める治療を行ってみることが、治療がうまくいく秘訣であると述べています(田畑、前掲書)。

すべての病気がカラダの冷えからくるという考え方は、現代医学からすると、わかりやすさを追求するあまり、少し誇張された意見です。しかし後で詳しく述べますが、「冷え」はカラダのバランスを維持する機構の乱れが原因となっていることが多く、カラダが体調不良を感知するシグナルのーつとして重要です。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ