多くの内臓は、直接外気に触れないようなつくりをじていますが、子宮は別。腔という出口を介して外部と直接つながっているので、冷気が入りやすいのです。そのためどうしても冷えの影響を受けやすいといえます。






このページの先頭へ