(スポンサードリンク)

「カエル気功」で骨盤内の循環を高める

骨盤を冷やしたり、締めつけたりしてはいけないといわれるのは、骨盤内に、子宮や卵巣などの女性の健康に欠かせない臓器が納まっているから。そのうえ、膀胱や腸など、いろいろな臓器も納まっているので、構造が複雑で血液の循環か悪くなりやすい場所でもあるのです。

子宮を温めて血のめぐりをよくするためには、骨盤内の血行を促進することが不可欠。骨盤内の循環を高めるのにうってつけなのか、お風呂の湯ぶねで行う「カエル気功」です。小さな動きでできるので、電車の中やちょっとした空き時間などを利用して、こまめに行うとより効果がアップします。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ