(スポンサードリンク)

【カエル気功 ポイント1】下腹を出したり、ひっこめたるする

湯ぶねの中であぐらをかきます。カエルが鳴くときのようなイメージで、手をかるく下腹部に添え、鼻から息をゆっくりと吸いながら、下腹部だけを思いきりポコンとふくらませます。

息を吸いきったら、口から息をゆっくり吐きながら、思いきり下腹をひっこめます。これを10回緩り返しましょう。腹筋を使うことにより、骨盤内の血流をよくする効果があります。



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ