鎮痛薬が欠かせないくらい生理痛もつらいし、内もものあたりもひんやりする。そんな重症の冷えをやわらげるには、内ももの刺激がキーポイント。

漢方的にいうと、子宮、卵巣に関連するツボは内ももにあり、子宮の冷えが反映して冷えを感じやすいのです。スカートのときにはペチコートやあったか下着を身に着け、内ももに冷気が当たらないように気をつけましょう。






このページの先頭へ