(スポンサードリンク)

【ポイント2】仙骨のあたり

骨盤内の血行をよくするのが、仙骨のあたり。仙骨とは背骨の骨の端っこ、尾てい骨についています。ちょうど尾てい骨を頂点とした逆三角形のゾーンにあり、骨盤の後ろの壁をつくっている、姿勢のかなめともいえる場所です。

ここを温めると、子宮をガードしている骨盤が温まり、子宮や卵巣あたりの血行が改善され、生理痛などの不快症状がぐんとらくになります。

(スポンサードリンク)


このページの先頭へ